top of page
  • oikawa

令和2年第2回定例会

6月22日(月)に市議会の一般質問に登壇しました。

今回は、「緊急時の情報発信」と、「アフターコロナのまちづくり」というテーマで、以下の質問と提案をしました。

・緊急時の情報発信

‐台風災害やコロナ禍における情報発信の課題。

‐アクセス集中時も市のホームページを閲覧するための仕組み(CDNの導入)。

‐緊急時の情報発信用サイトの事前構築。

‐インターネットを利用できない市民への情報伝達。

・アフターコロナのまちづくり

‐コロナによる社会変化に対して八王子市が果たすべき役割とまちづくり。

‐今後のコロナリスクを踏まえた既存計画、既存施策の調整。

‐テレワークの浸透によって加速する郊外移住の受け入れ施策。

‐内製化や分散を進める企業に対する誘致施策。

‐国土交通省が進めるテイクアウトやテラス営業などのための道路占用許可基準の緩和に対する八王子市の対応。

質問の詳細及び答弁の内容は、市議会の議事録をご覧ください。 議事録はこちら

最新記事

すべて表示

令和6年度第2回定例会

6月12日(水)に市議会の一般質問に登壇します。 今回は子育てしたくなる都市づくりというテーマで質問します。 八王子市の財政運営が厳しくなっていく中、市では歳出を抑えるために外部委託やDXなど、様々な業務効率化に取り組んでいます。 しかし多様化する市民ニーズへの対応など、市に求められる役割は日々増えていくため、歳出を抑えるだけでなく、歳入をどう増やしていくかということも考えなくてはなりません。 そ

令和6年第1回定例会

3月27日(水)に市議会の一般に登壇します。 今回は、少子高齢社会の進展による財政危機と、市職員の退職者、休職者の急増による人員不足を解消するための提案として、AI活用による業務効率化をテーマに質問と提案をします。 AI活用に向けた総論的な話も聞く予定ですが、具体的な提案としては、1、市の財政的な負担軽減と、2、業務の平準化による職員の負担軽減、3、市民の負担軽減やまちづくりへの効果。の3つの視点

令和6年度予算審査特別委員会

3月7日(木)に市議会の予算総括質疑に登壇します。 今回は、「ウェルビーイングな働き方」をテーマに質問と提案をします。 この数年、増加傾向にある市職員の普通退職者数ですが、今年度の退職者も2月時点で50名おり、前年度(42名)と前々年度(34名)を大きく上回っています。 加えて、メンタルヘルス不調を理由に休職中の職員も2月末時点で90名おり、数字で見ても、実際に職員にヒアリングしてみても、ウェルビ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page