top of page
  • oikawa

令和4年度第4回市議会定例会

令和4年度市議会第4回定例会の一般質問に登壇しました。

今回は、稼げるまちづくりをテーマに、質問と提案をおこないました。


超少子高齢社会の進行に伴う、生産者人口比率の減少し、市の行財政運営が厳しくなっていく中、市では歳出を抑えるためにDX活用などによる効率化に取り組んでいます。

しかし、物価高やコロナ対策などの緊急の課題や、日々多様化する市民ニーズに対応していくためには、さらなる財政改善が必要であり、そのためには歳出を抑えるだけでなく、生産者人口の増加等によって、歳入を増やしていくことも考えなくてはなりません。


八王子市に住みたいと思ってもらうために、どんな施策を打つべきか?

使う予算は、歳入増加に対してどれだけの効果を出せているのか?

自分たちの施策は伝えるべき相手にしっかりと発信、伝達されているか?など、

市の職員1人1人が「予算は使う前に稼ぐ」という意識をしっかりと持って取り組んでいけるよう、以下の項目について質問と提案をしました。


具体的には以下の項目について、質問、提案する予定です。

・ターゲットとすべき転入者

・転入者増に活用できる八王子市のリソース

・自然と市街地を活かしたライフスタイルの訴求

・教育移住者に向けての施策展開

・都立、国立小学校の誘致

・生産者人口に獲得に向けた目標設定と業務評価

・戦略的な企業誘致

・市民のセカンドキャリア形成に向けたリスキリング支援

・データや証拠に基づいた政策立案(EBPM)の進め方

・市民・民間からの政策提案制度の設立 など


質問の詳細及び答弁の内容は市議会の議事録をご覧ください。

議事録はこちら

最新記事

すべて表示

令和6年度第2回定例会

6月12日(水)に市議会の一般質問に登壇します。 今回は子育てしたくなる都市づくりというテーマで質問します。 八王子市の財政運営が厳しくなっていく中、市では歳出を抑えるために外部委託やDXなど、様々な業務効率化に取り組んでいます。 しかし多様化する市民ニーズへの対応など、市に求められる役割は日々増えていくため、歳出を抑えるだけでなく、歳入をどう増やしていくかということも考えなくてはなりません。 そ

令和6年第1回定例会

3月27日(水)に市議会の一般に登壇します。 今回は、少子高齢社会の進展による財政危機と、市職員の退職者、休職者の急増による人員不足を解消するための提案として、AI活用による業務効率化をテーマに質問と提案をします。 AI活用に向けた総論的な話も聞く予定ですが、具体的な提案としては、1、市の財政的な負担軽減と、2、業務の平準化による職員の負担軽減、3、市民の負担軽減やまちづくりへの効果。の3つの視点

令和6年度予算審査特別委員会

3月7日(木)に市議会の予算総括質疑に登壇します。 今回は、「ウェルビーイングな働き方」をテーマに質問と提案をします。 この数年、増加傾向にある市職員の普通退職者数ですが、今年度の退職者も2月時点で50名おり、前年度(42名)と前々年度(34名)を大きく上回っています。 加えて、メンタルヘルス不調を理由に休職中の職員も2月末時点で90名おり、数字で見ても、実際に職員にヒアリングしてみても、ウェルビ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page