top of page
  • oikawa

令和4年度予算審査特別委員会

八王子市令和4年度予算審査特別委員会質疑にて、「ニューノーマル社会の都市計画」と「農福連携」というテーマで質問しました。

「ニューノーマル社会の都市計画」

コロナ以降、大きく社会が変化していく中で、既存の都市計画の適合しない部分を見直し、時代にあった形で活用していくことを提案しました。

とくに、①コロナ化でニーズが増えつつある企業誘致については、この機会にニーズを取りこぼすことなく、受け皿となるための仕組みづくりが必要であること、

②空き家や、買い物困窮者、路線バスの減少などの課題を抱える住宅団地においては、一種低層住居専用地域であっても、住居一体型でない商店や飲食店、事務所をはじめ、サードプレイスにもなるようなコワーキングスペース等の施設を設置できるようにすることを提案しました。

「農福連携」

①農地の耕作および作物の収穫を目的とした農業視点での農福連携と、②屋外での活動や農業体験による健康増進等を目的とした福祉視点での農福連携という2つの視点から、関係者が協働しやすい農福連携の進め方について提案しました。

質問の詳細及び答弁の内容は、市議会の議事録をご覧ください。 議事録はこちら

最新記事

すべて表示

令和6年度第2回定例会

6月12日(水)に市議会の一般質問に登壇します。 今回は子育てしたくなる都市づくりというテーマで質問します。 八王子市の財政運営が厳しくなっていく中、市では歳出を抑えるために外部委託やDXなど、様々な業務効率化に取り組んでいます。 しかし多様化する市民ニーズへの対応など、市に求められる役割は日々増えていくため、歳出を抑えるだけでなく、歳入をどう増やしていくかということも考えなくてはなりません。 そ

令和6年第1回定例会

3月27日(水)に市議会の一般に登壇します。 今回は、少子高齢社会の進展による財政危機と、市職員の退職者、休職者の急増による人員不足を解消するための提案として、AI活用による業務効率化をテーマに質問と提案をします。 AI活用に向けた総論的な話も聞く予定ですが、具体的な提案としては、1、市の財政的な負担軽減と、2、業務の平準化による職員の負担軽減、3、市民の負担軽減やまちづくりへの効果。の3つの視点

令和6年度予算審査特別委員会

3月7日(木)に市議会の予算総括質疑に登壇します。 今回は、「ウェルビーイングな働き方」をテーマに質問と提案をします。 この数年、増加傾向にある市職員の普通退職者数ですが、今年度の退職者も2月時点で50名おり、前年度(42名)と前々年度(34名)を大きく上回っています。 加えて、メンタルヘルス不調を理由に休職中の職員も2月末時点で90名おり、数字で見ても、実際に職員にヒアリングしてみても、ウェルビ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page